3.4トレーラー公開

久しぶりのブログ投稿です。
3.1でやることもなくなり、3.2で休止もしましたが‥‥。
3.3のディープダンジョンで学者を上げられたのでバトルコンテンツに行けるようになり(タンクはもうソロだけでいい)、
3.4では水槽の追加で釣りに、しかも忘れられた過去の魚たちに再び脚光が!?

猫サイトも忙しくなりそうですが、いずれにしてもverupが待ち遠しいのは久しぶりです。
ってことでチラシの裏で恐縮ですが、トレーラーの感想など。

clip_1

のっけからネガティブですみません。また2.xの茶番劇の臭いがプンプンです。

どうやらカルンのようですが、観客もリトルアラミゴの方々ばかりみたいですし、やっぱりあいつでしょうか?

clip_2

実は、現在の学者の装備は半分くらいアレキ律動編の装備で占められてます。
短いし、集めるの楽ですしね。でもサイトの解説と実況プレイ見てもまだ理解し辛いギミックは本当やめて欲しいです。

それにしても今回はエフェクトも演出も凝ってますね。美術班は本当に良い仕事をしています。
でもこんなゲーム画面は実際には望むべくもなく、カメラを一杯一杯に引かないといけないわけで…。本当に新生はスタート地点を間違えたと思います。

clip_3

そして待望!の水槽です。水中に浮かんで泡吹いてるだけじゃ?なんて予想もありましたが、一応ちゃんと泳いでいるようで一安心です。

見た目だけでの判断ですが、コーラルバタフライカラードカープ銅魚クラウンローチ、そしてピラルクでしょうか。青いのはバス系か、トラウト系のいずれかでしょう。それ以前のSSではシーラカンスブローフィッシュもいましたね。

ヌシも対象に含まれていることが明らかになったようですが、通常の魚とどう違うのかが気になります。一回り大きいとかいうのは普通にありそうですが、それで消費容量も大きいのではデメリットになりかねません。
消費容量は同じで、何かヌシならではのアドバンテージに期待します。

しかし一番大きな水槽でマズラヤマーリン1尾しか泳いでいないというのも悲しいですから、早く床下、あるいは壁全面埋め込みの水槽が欲しいですね。

とりあえず、更新が始まりましたら可能な限り早く、各魚のサイズ情報をお届けできるよう頑張るつもりです。ああ、Rep2.0も間に合わせたいなぁ。

clip_4

懐かしいBGM。元は旧からある曲でしたっけ?
いずれにしても、IDは一回行ったら終わりかなぁ。パブリックダンジョンなら行く度に何かドラマがあるかも知れませんが…。

これも愚痴で恐縮ですが、本当に美術班が良い仕事しています。でも、ゲームデザインはそれらをゆっくり鑑賞することも許さず、脇目も振らず最速を求められるタイムアタック。

いつか、これらのリソースを再利用してゆっくり『探検』できるコンテンツを作って欲しいと心底願います。

clip_5

やっとPvPが鑑賞できるようになるみたいですね。チョコボレースもそうですが、リアルがそうであるようにこういうのは観客がいるからこそ双方盛り上がるものだと思います。

コストの問題はあるでしょうけれど、ゲームやってない人もブラウザで実況中継を見られても良いくらいだと思うんですよね。それでゲームに入ってくる人もきっといますよ。

clip_6

また懐かしいBGMきたー! サントラCD持ってますよ!
何気に、コラボを除けば完全別タイトルの曲がモチーフに使われるのって相当珍しいんじゃないでしょうか?
そしてどうやらこの禍々しいのが新しい装備みたいですね。

自分はオリジナルで地下何階まで潜れたんだったかな?
60階くらいでしょうか…最後までいけなかったのは確かですが。
やっぱり最下層まで来ると全身金ピカの敵とかも出てくるんですかね?

変なギミックがないので、報酬があるならまた行きたいコンテンツです。

clip_7

に、ニ○スさん!? …だったら、TOやってない人には何のことやらですからそれはないでしょうけれど、FF14で彼みたいな屍術士なんていたかな?

clip_9

これはまた美しい蛮神さんです。
極にはラムウ以降完全にスルー状態なのですが、極リヴァの傾くわかりやすいギミックは好きでしたし、ちょっと興味が湧いてます。とにかく嫌いなのは、意味不明のマーカーでどう対処すればいいのか絵的にさっぱりわからないものなので。次からログとかになんか説明が付くらしいですが、アクションゲーム・・・・・・・・で言葉を使わないと伝えられないのは怠慢以外の何ものでも無いと思うのです。

clip_10

ヤミセンさん、本当に目つき悪くなりましたね(褒め言葉)。3.0のトレーラーからわずかコンマ4で隔世の感があります。
とはいえ嫌いな展開ではないので、茶番にならないよう頑張って欲しいです。

以上、長々とチラシの裏失礼しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です